過去のオーティス試合結果4

2021



また野球心中。


26試合 10勝 13敗 3分



2021.4.12 リスペクトカップ第1戦

VS 一髪組

一髪組




OTIS






試合開始4球でこの試合は決まってしまった・・・。
何もできなかった。何もせず終わった。

ただただ1回オモテだけが悔しい。

3回オモテは万策尽きた。おまけの失点でしょうな。
どうしようもない。

まあ最初ですからね。こうなることはよぎった。

でもここまでエラー祭というのもただただ情けないですわな。

5連続エラー。これでは試合には勝てないよ

どんな条件下の試合でも。

まあ、そんな試合から2021は始まったという事実だけがある。




2021.4.19 哲杯第1戦

VS ワナメーカーズ

OTIS



WAMA





まあ五右衛門、ヒューガはよく投げたと思います。

初回の攻撃時に得点できなかったのがまだまだ本調子ではないんだと思いました。

始まったばかりですからね。

この試合はサードのノーエラーだったのが大きいですな
モーガンの守りはよかったですね。

皆さまのコンディションが上がってくればもっといいパフォーマンスがでてくることでしょう。


まあ順調順調。



2021.5.17 練習試合

VS 517’S

517’S



OTIS






まあ順調順調。


リュウガの一発はよかったね。よかった。
打線はまだつながりませんが、そろそろよくなっていくでしょう

ウッチーがまだミスショットが多いね。
この辺はフォームが定まってくれば結果もついてくるでしょう

迷いのないスイングが未来を切り開くと思います

さてさて、ピッチャーヒューガなんですが・・・・・

なんとも言えませんな。

今回もいろんな事を試してはいますが実にならないね。
結局テナゲなんですよね。
だから、身体に浸み込んでこない。そひて自分だけの「秘技」にならない。また次のどっかで見つけてきた策を試す。

愚策とは言うつもりはないが妄想野球が続くかぎり、本当の意味での進化はないでしょうな。

何がどうであれ、ピッチャーはコントロールですよ

どんなに速い球を投げても遅い球を投げてもストライクが入らないのはどうにもならない。

まずこの原理原則を支配してから、いろんなことおやりになれば幸せはやってくると思うんですがね・・・

ダメですよね。相も変わらず遠いところを見てしまっていて。
残念ですよ





2021.5.24 UKCUP第1戦

VS ワナメーカーズ

WAMA



OTIS





この負けは痛い。おそらく立ち直れないんじゃないかな
長いトンネルに入った気がしますよ

難しいでしょうね。このままなら。

失点のカタチ
負けるカタチ

はいつも同じ。恐ろしい程に同じ

すごいよ。ここまで同じというのも。
宝くじ当たる感じな気がするぐらい同じ。


自滅をすることで負けていく自分たちが目の前に現れる。

分かっていてもやってしまう。弱さ。


単純に弱いんでしょうね。


相手と比較すればするほど悔しいですな。


まあ1時間試合の難しさというかいい経験できてますな

2時間試合なら五右衛門は続投だったのかもしれません
しかし、あのまま続投していれば打線は一向に乗る事はできなかったでしょう。


勝負に出た継投が裏目にでただけですな。

とにかく今は全く打てない奴らになっていますね

おもしろいもんですな。

全く打てない。




2021.5.31 練習試合

VS 531’S

531’S




OTIS






いや〜ひどいもんですな。


ここまで打てないというのもすごいね

つながらない。守りでリズムを作れない。

いい経験ができてる気がしますけどね。

これは貴重な体験だと思いますよ。1時間試合。
なかなかできないから。

それにしてもひどい

リュウガ、スターだけですな。状態が良くなってきてるのは。
リュウガは昨年の苦い経験が活きてきてるのかもな。順調順調


コージィーは決して悪くはない。結果が結びついてないだけ
状態は良いと思います。振れている。
我慢の状態でしょうね。バッティングはそういう時もありますよ
打球は悪くないので、おのずと整ってくると思いますね


スターは本当にメンタルが万全だとすごいね
魔球エグーナもバッチリ。
このやろー投法はいいね。この状態を維持してほしいね。

あとはケガさえせず1年間いければMVP候補ですな
やはり15キロの減量が影響しているのかもね。

大きいな。スターの力は。


さてさて、残念なのは連続押出で結局この試合5四球を出してますフジシロック。

苦しいね。

もう3年以上は投手としていい結果を出せてないんじゃないかな。
この苦しい状況を打開するためにどうすることがベターなのか

ベストは見つけられないと思います

まずはベターな道を歩く必要があると思いますね

バッティングにも影響しますからね。困ったもんです

悩める4番ウッチーですが状態は良くなっている
あとは結果がついてくれば爆発するでしょうな。


3連敗。


珍しく苦しいシーズンを過ごしてますな。

まあ歩いていきましょう



2021.6.7 練習試合

VS 67’S

67’S





OTIS







ようやく今年1点以上の得点ができました。
しかもウッチーの一本。満塁ホームラン。

出ましたね。

やはりフォームがよくなった。
右足のヒザの間の取り方が非常に打てる状態になってきた

あとは気持ちと動きが一緒に動き出せば強くなるでしょうね。


結果的にチームとしてこの一本だけしかヒット無

なんとヒューガは参考記録ながらノーヒットノーラン

まだまだ状態はよくないですな。全体として。

点の取り方を作り上げる事が自然に出てくれば状態は良くなっていくでしょうね


さて困ったのがヒューガの離脱ですね

この試合を最後にヒジ痛でマウンドから距離を置くことになります

開幕して2か月で離脱。

もう去年の段階でかなり蓄積があったんでしょう。

入団して投げっぱなしですからね。

無理な身体の動きが徐々に傷を付けていったのでしょう。

まずは治す事ですな。仕方ない。ケガをしてしまったのは。

ケガをして成長できることもありますから。

この時間を使って今一度、見つめて欲しいのは

ピッチャーはコントロールである。

妄想はケガの元。

自分だけしかできないピッチングスタイルというのに向き合う勇気

ここに向きだすとだいぶ変わるんですけどね・・・・

まあ無理だろうな。

人間は懲りませんから。



2021.6.14 練習試合

VS 614’S

614’S




OTIS






ウッチー2戦連発。すごいね〜。たぶん在籍初なんじゃないかな
連発は。よかったよかった。

五右衛門もようやく一本出ました。三振を恐れない積極的なスイングが出てくれば状態はもっと良くなってくるでしょう。

ケガ人ヒューガのタイムリー。よかったですね。
まずはケガをしっかり治していきましょう

深刻なのはモーガンとフジシロックですな。
不調が続いてますな。

結果ばかり求め焦ると余計に長引きますから。
まずは自分のスイングをしっかりと整えていけば戻ってきますよ

全体としてようやく安打も増えてきましたね。
1本しかでなかったのが5本も打てました。
やはり10試合はこなさないと乗ってけないよね。
毎年そうやってきたんだから。昨年は苦しかったね。

今年も苦しいけども、グランドに立ててますから。
それだけでも違いますよ。全然。

梅雨入りしました。

歩いていきましょう。




2021.6.21 練習試合

VS 621’S

621’S




OTIS







まあカタチは出来てきてますよね。悪いなりにも。
数字では出ていないがコージィーのバッティングもいいね。

つなぐスイングをしているよ

もうすぐ結果が出始めるだろう。

かっとばしだすだろうね。

7/5に向けて闘う支度を進めなくてはなりません。

現状全体のコンディションは良くありませんが、そういう時の闘い方を経験できることは今後に活きてくるでしょうね。

投げる事も打つことも守る事も走ることも

すべて、状態をあげていくことが大事です

結果がすべてではありません

来るべき決戦に向けての準備です。




2021.6.28 練習試合

VS 東京マンモス

MAMMOTH




OTIS






打線の流れがよくなってきましたね。
ようやくつながりだしてきました

すべての回に出塁できた。最後の一本が出ないから得点にはなりませんが、出塁できるようにまで体力が出てきた。

守りについては3回で四球6個・・・・・・・

多すぎ。

ストライクが入らないことが絶望的ですな。この状況は苦しい。
まだまだ時間がかかりそうですね

来週いよいよ哲杯第2戦。この試合は勝たなくてはなりません

ここ落とすと今年の未来がありません。



2021.7.5 哲杯第2戦

VS 一髪組

一髪組





OTIS







この試合を獲れたのはおおきい。
1回表を三者凡退で守ったのがおおきいと思いますね。

一か月前の我々の自滅行為運動が今日は相手が行った
そして大量得点。この構図は明確

ピッチャーがいかにボールを投げないか。ここで差が出る
逆にここまではっきりしてるんだからストライク投げれない者は
ピッチャーではないということなんだろう

五右衛門は決して状態は良くない。
昨年の後半から全くいい状態でのボールはきていない。
ただマンボウルールにうまく適用できているだけ。
2時間試合ならおそらく酷い事になっているでしょうね。

まあ本人のピッチャーとして生きざまですから、
どうしようもない事なんでしょう。
ですが・・・このままだとね・・

苦しいと思いますね。ケガをしないのが救いですよ。
結局下半身の筋肉が落ちてるんですよね。身体にあったフォームやピッチングスタイルを新たに作ればもっと幸せになれると思いますよ。しがみついてる姿がどうもなんだかな〜と見えます。

さてバッティングですが、今日はつながりましたね。
ようやくです

コージィーに数字がついてきました。これから打ちまくるんでしょうな。やはり状態がいいと結果は必ずでてくる
大事な事は「どういうスイングをしているか」という事であろう。

モーガンは右打席の方がフォームがいい。右をもっと強化したらいいかもね。

スターとヒューガが完全体になったな。
スターは下半身が昨年とは違って残ってる。
そこからスイングがしてくるからしっかり打球を運べている。
減量の成果が大きいのかもしれませんな

バッティングは下半身のネバリですよ。

まあとにかく10試合がすまぎましたがやはりこのくらいの時間が必要ですよ。とは言え通常で見れば実質まだ5試合しかこなしてないとの同じだから。例年より状態は早い方なのかもな。

闘える状態が作り出せてきた。
まだまだ不足点はあるが歩いていくしかない。

8/2がひとつの目処となる事でしょうね。

ここに向けてしっかりやってきたいと思います。

ピッチャーいないな・・・私やるかな。また。また?
どうするかな。



2021.7.12 練習試合

VS 東京マンモス

MAMMOTH





OTIS




 



ピッチャーいません。もうダメです。

巨人もノーコン王国と言われてますね今。酷い。とにかく。


5点差を守れないというのは困ったもんですよ。

まあエラー絡みでの得点でしたが、ヒットや連打で得点するかたちを作り出せて来るとホンモノになってくるんですけどね。

まだまだですかな。

フジシロックが重症ですね。打てる見込みがみえてこないですな。
まいりましたね。

モーガンも少しずつ良くなってきてる。

梅雨が明けます。前半戦が終わります。

今年も難題続きです・・・・・・・・・・・・・・・・。

困ったもんですな。本当。




2021.7.26 練習試合

VS ビッグアイランド

B I




OTIS






活動再開後250試合目の記念試合でした。

1回の表で終わってしまいました。残念です。

そして今年の前半戦も終わりました。

昨年からの迷惑コロナで本当に邪魔されておりますが
それでもなんとかグランドに立ててる事は幸せです

皆がイベルメクチンとアビガンを予防すれば何も怖いものはない
それだけのこと

わけのわからない「そんなに悪い事を国がするわけがない」精神
から脱却するにはこれから9月以降にワクチンで死んでく人の数をみれば理解できてくることでしょう。

さてさて、

入団7年目のフジシロックが大スランプに入りましたね。
まあ誰しもいつかは経験しますからね。いいんじゃないんですかね
こういう時間も。

あのショータイムだって去年、一昨年はケガで苦しんで不本意な時間過ごして今年の立派な成績ですから。

今苦しんでる時間、悔しい時間をどのように過ごすかで未来の明暗はだいぶ変わるでしょうね。


まあ1時間試合が続きますから、数少ない機会で結果を出していくことはとても難しい事ですが、皆さん同じ条件ですから。

チーム編成を改めて考えていく必要があるでしょうね

なかなか勝負強い選手はいないですから。
練習で養うものでもありません。
あまり好きな表現ではありませんが持って生まれた性格がこういう時に力を発揮できる人間力を見つけていかなくてなりません。

球団も22歳になりいろいろ経験できてます。
歩いていくためにはいい勉強になってます。

おそらく3年後に訪れる300試合目には素晴らしい内容の試合ができるように生きていきたいと思います。

通算成績 2007-2021

250試合127勝108敗15分


哲杯が優勝へのマジックナンバー1が点灯しました。
来週勝てば4年振りの優勝です。

紐といてみると昨年以外2014年からずっと予選1位通過でした
すごい事です。簡単にはできないことだと思います
それでも優勝はなかなかできていないんですね。

まあ五右衛門の状態が良くなってきましたから打線がつながれば
優勝に近づくでしょうね。

ケガ人ヒューガ、モーガン、ウッチーに一本出れば勝てるでしょうね

ぜひ優勝したいと思います



2021.8.2 哲杯第5戦

VS ワナメーカーズ

WAMA




 0
OTIS X




12


見事優勝できました。

五右衛門がやったよ。1回の先頭打者への投球がすべてでしたね
よく頑張ったと思います。

なかなか結果を出せずに苦しい4年でした。
タイトル戦でことごとく負けて悔しい思いをしてきました
原因や要因、勇気ある決断が実ったのかもしれません。

よく投げたと思います。踏ん張ったと思います。
コツもつかんだと思います。「今の自分の投球」が。
ここから更に磨いていってほしいと思いますね

さてさて、打線ですが先制点のカタチが我々の作り上げてきたそのものでした

数字では結果を残せていないコージィーが全打席出塁。これも予定通り。
そひてモーガンがつなぐ。あっという間のランナー3塁
モーガンが決める場合もできた。

そしてスターのタイムリーで得点。
減量した分、下半身の粘りで飛距離が伸びたですね。

無駄のないカタチ。この得点パターンがでてくるまでが待つ時間でした。

ウッチーのスイングも悪くない。いい振りをしてる
ヒューガも余計な事を考えずただ振り抜けばきちんと結果は出せる。バッターメインでやっていく方がいいかもしれませんね。
守備練習をしっかりやらないとダメだけどね。


打つべき人間が打ち、しっかり投げて守る
このスタイルがでてきたら、状態は完成になる。

あとはフジシロックが戻ってくれば完全体だろう。

11月まで時間はある。この時間を大事に過ごして11月決戦には
全員がベストな状態で闘いたい。



皆さま哲杯優勝おめでとうございます



2021.8.23 練習試合

VS 東京マンモス

MAMMOTH




OTIS







四球ではなくバットを振ってヒットを出しての攻撃はよかったと思います。状態は良くなってきてるんじゃないですかね

ウッチーの2年振りの登板よかったですね。
まずまずの内容ですな。今後が楽しみです

やはりピッチャーはコントロールですよ

ストライク入れて始めてスタートですよ


「まずダメなキャッチャー」から言わせれば。


なにがどうであれストライク投げれなくてはピッチャーではないですよ。



2021.8.30 練習試合

VS 830’S

830’S





OTIS






まあ残念な結果ですね。1回で終わってしまった。

ウッチー2戦目の登板ですが順調ですね。

時間少ない分、何もできなかったな。

ただただ残念な試合でしたね。


2021.9.6 哲杯第6戦

VS 一髪組

OTIS





一髪組







無事哲杯が終わりました。見事無敗での優勝いとなりました。

グランド不良の中、大エラー祭での失点でした。

ひどっかたですね。本当に。

要所要所で三振取れたのが大きいですね

この試合の収穫はヒットを打って点を取れた事ですね。


これがなかなかできないものだ。

全員が調子が上がってこないと実現できない。


5連打もあった。これが大きい。四球とかで塁を溜めずとにかく打つ。

打つ打つ打つ。


この姿勢が大事だと思いますね。

ただ勝利という結果だけ追いかければ四球やちょっとした隙探しに励みそこからエラーがらみ足がらみでの得点を評価する味方もあるんのでしょう。そんな野球はしたくない。

夜球ではない。単純に打って走って投げてそんだけでいい。バットを振らなくてはヒットは打てない。

そういうプレースタイルを貫ければどんな結果でも納得できると思ってます。


それが幸せだと思います。それを続ける勇気を持ち生きていきたいと思います




2021.9.13 練習試合

VS 913’S

913’S





OTIS







ピッチャーの球数が多かったね〜。
試合にならなかったね。

まあこんな日もあるでしょう。

この試合を最後にモーガンが今シーズン終了しました
いつかまた逢えるといいですね。



2021.9.27 練習試合

VS 東京マンモス

MAMMOTH





OTIS







ピッチャーの球数が多かったね〜。エラーで足引っ張ったね。

まあこんな日もあるでしょう。

さあ残り2か月のシーズン。ここからラストスパートかけていきます

夏休みは終わり。


いくぜ年間王者



2021.10.4 練習試合

VS 104’S

104’S


10
OTIS


 1


久しぶりの2時間試合でした。

ボロ負けですね。まさに。完敗ですな

これだけエラーだらけじゃあね・・・勝てませんよね

つまらないエラーだらけだよね。

でもいい経験にはなってるんじゃないでしょうか

初回の4点でしょうな。ここで止まった

1回オモテの失点がほんとうに多すぎる。

試合にならないよね。これでは。

まずここをどうやったら0点におさえるか。そこからですな



2021.10.11 練習試合

VS 東京マンモス

MAMMOTH


13
OTIS


 2


まいったもんだ。エラーだらけ。ひどいもんだ。

キャッチボールをちゃんとやらないだけ

20試合できましたね。今年は。よかったよかった。



2021.10.18 練習試合

VS ワナメーカーズ

WAMA



 4
OTIS



 9

連敗は3で止まりました。毎回得点できたことはよかった。
でもねえ・・・・・・良くないね。良くない。

まず球数多すぎ。

エラー→エラー→四球→死球→タイムリー
この悪循環。

エラーは出るのが野球。
ではどこで止めるのか。どこで誰が歯止めをかけるのか

三振を捕る。凡打を打たせる。

こういう時こそピッチャーが踏ん張らなければ。

点の捕られ方良くない。
今チームは苦しい状況だが、それでも前に進む強い勇気を持ってほしい。

そう思います




2021.10.25 練習試合

VS 早稲田大学グランドスラム

G  S


 8
OTIS


 2

借金5・・・・・・・・・・・・・・

次の試合で負ければ7年振りのシーズン負け越しが決まります

今年は負けてますな。去年も負けてますがな

やはり先制点を簡単に捕られてますね

でもフライ捕れないからね。フライ捕ってればほとんど失点はない

記録上、ヒットでも実際はエラーでの失点ですよ

フライをいつ捕れるようになるかが、キーでしょうね。

フライ捕れる日が始めて始まるんでしょう。

その時まで。



2021.11.1 練習試合

VS 東京マンモス

OTIS


10
MAMMOTH


 2


1回の攻防で決まった試合でしたね。
1回ウラのショートゴロ2個を捕れた事。
これがすべてだと思います。

ですが、ゴロのさばき方。私はあまり良くないと思いました
かなりリスクの高い捕り方をした。
結果的にアウトはできたが、お手玉したらカバーはできなかったであろう。危険なプレーだった。

運が向いていたのかもしれない。試合前のノックがよかったのかもしれない。

いずれにしても救われたと思いましたね。
4か月振りの先発したフジシロック。命拾いしましたね。

エラーがでないと本当に別の現実が出てくる。
恐ろしい程だ。

ルーキーイシロー、バルボッサのデビュー戦となりました
まずまずなデビュー戦でしたね。

さて、バッティングですが力をつけてきました

状態は本当によくなってきた。
このグランプリ直前になってようやく来た。

スターがもう少し上がってくば完全体になる。

コージィーは完全にアクセルがトップギアになった。
こいつは打ちまくるだろう。残りの試合。

ヒューガもケガから戻ってきた。まだ球には力は無いが投げれるようになっただけでもよかった。

身体が元気になれば可能性が見えてくる。とても大事な事

我々は11.15のために今日を生き、調整を続けている

きっちり状態を整えて決戦を迎えたいと思います



2021.11.8 練習試合

VS 一髪組

OTIS


11
IPG


 5


準備は整いました。非常にいい状態です。

仕上がりました。

攻撃も守備も万全です。闘える集団になりました


点の取り方も良し。理にかなった走塁も良し。


手堅い守りも良し。

エラーでてもそのあとのプレーが良し。全体で守っている。


ようやくここまできた・・・・。長かった・・・。


問題のピッチャー陣もフジシロックとヒューガがかえってきた。

いけます。大丈夫


2試合連続リリーフ失敗のイシローも残念ですが、まずまずですよ。あんなもんだよ。上等上等。


五エ門も完璧。まさにピッチャーの投球ができた。エラーの失点が気の毒ですわな。本当に。


打線もスターが最後の打席にしっかり振り切れた。大丈夫だろう。

調子を落としていたが、踏み込めれば大丈夫。


バルボッサも急激に調子を落としてきた。

まあそれも急に野球選手になったんだから仕方が無し。

疲れもでてきたんだろう。



ひとつだけ残念なのはウッチーのピッチャーですね。


状態は悪い。あれでは闘えない。来週はブルペンから外します。

3か月という短期間であそこまで頑張って調整はしてきたことは

理解します。本当に頑張った。


しかし、タトルマッチです。負けられない試合です。

状態が悪い者をマウンドに上げる事はできません。勝利へ一番近い状態で臨むことが重要です。


投げれば投げる程球数が増えた。四死球も増えた。

三振が捕れなくなった。悪循環が付きまとった。


彼なりに頑張った事は大事にしたい。だが、タトルマッチでは無理。


当然、状態が良ければブルペンにいるはずです。

それができない事はココロノコリです。

闘えない投球をしている状況ではこの大事な試合では無理です。


シーズン通して、フジシロック、ヒューガの離脱で苦しいマウンド状態だった。


奴らもリハビリやコンディション不良で苦しかったろう。

気持ちだけでここまで整えてきたのだろう。


ボールの質が違う。奴らは闘える状態になっていた。

これが一番の差。仕方ない。と言わざるを得ない。


奴らも頑張った。優勝するためにここまで戻ってきた。


決断をする。その代わり必ず勝つ。


ウッチーのバッティングは良い状態。

バッティングでタトルマッチを頑張ってほしい。

3冠王に一番近い状態。


球団史上2人目の三冠王を獲って欲しい。

打率の部分でヒューガを抜くのはかなり難しいが、可能性がある以上、目指してほしい。打ち続けるしかない。


ピッチャーも同じ。どんなに打たれてもエラーされても投げ続けるしかない。


これまで私しかできていない三冠王をこの先も続くようでは球団として良くない。もう十分な時間は過ごした。


タイトルマッチでも打てれば更に近づけるだろう。


とても難しい事だが、あきらめてはいけない。ここからの最後10打席前後が勝負。


ここをどれだけ打ち込むか。三冠王を獲って幸せになってほしいと思います


来週、我々は勝ちます。年間王者になって年を越します。




2021.11.15オーティスグランプリ第2戦

VS ワナメーカーズ

OTIS

10
WAMA 7X

11


まさかというかなんというか。天国と地獄を見ました。

5回表の時点でバルボッサが「負けは無くなったな」とつぶやいだ


とんでもない未来が待っていた

誰もが勝ったと思ったんだろう。6回表まではある程度理想的な試合運びだった。「いける」と確信できた。

6回裏にある程度の失点覚悟してたのでどこまで踏ん張れるかというところでしょうね。

踏ん張れなかったフジシロック。みんな言葉に無いだろうね

まあでも流れはWAMAにあったのだと思います。

ゲッツーを2つもやられた。

外野フライすべてさばかれた。ウチは外野フライすべて取れなかった。

五エ門がダメだったのが誤算だったな。この大一番で発揮できず。

昨年と同じ失敗。人間は懲りない生き物なんだろうな

大量リードという呪文にだまされたのか。罠だったのか。


勝てた試合を落とした事実。まあみんなショックでしょうな


バルボッサの猛打賞はよかったな。

ヒューガの投球もよかったな。素晴らしかった。

スターに一本もでなかったのがな・・。やはり負けたかと後になって思ったね。打つべき人間が打たなければ負けますよ

イシローも応急処置でのバッティングフォーム変えてきたが

飛ばなかったね〜。やはり。まあしかたない。そういう打ち方してるんですから。

みんなギリギリのところで闘っていたんだろうな。

ことごとくエラーも出て、単純に弱くなったオーティスレディングがいるだけのことでしょうな


ここまでエラーが予定通りに出るというのも。

これが事実。


ただまあ結果はどうであれ、ひとつだけ残念だなと思ったのは

フジシロックに敗戦の弁もなければ、何もメンバーに言葉がなかったこと。一緒に闘ったメンバーに一言もなかったこと。


これはなんか悲しかったね。


彼は3年前「オーティスのエースたるものでありたい」

そう言った。

それまでの3年間なかなか不本意な結果ばかりが続いた

原因不明。

皆さまからの信頼、信用されて始めてエースたるもの。

このままではダメになると一念奮起し、この1年間必死に練習してきた。

みなさんには知らないだろうが・・・・・やってきた。

それでも今年開幕してダメな状態は続いた。3か月の登板間隔も

明けざるを得なかった。

なんとかタイトル戦直前に結果を残せた

1イニイングならなんとかなると覚悟できた。

しかし・・・2イニイング目の体力はなかったのだろう・・・・


「エースたるもの」をマウンドに送りそこで負けたら仕方ない事

大事な事は一緒に闘ったメンバーと歩く事がエースたるものと私は思う


そういう姿勢の人間から何も出なかった事は残念ですな


ひとついえる事は今の彼は「エースたるもの」ではないという事なんでしょうな。


7年振りのシーズン負け越しも決まりました。

残念な現実を受け入れていけなくてはなりません。


今年は球団活動再開してから最多数の試合をこなしました

2003’頃以来の25試合越えの試合数だと思います。

その総決算がこのような答えとなりました。

まあ気持ちの整理はつきませんが歩いていくしかありません。




2021.11.29 練習試合

VS 東京マンモス

OTIS


 5
MAMMOTH


 3

今年が終わりました。悔しい1年となりました。

本当に残念な1年になりました

借金3での年越し。連敗もたくさんした。

チーム防御率が非常に悪くなった。チーム打率は決して悪くないと思う。

やはりエラーと四球での失点でしょうな。

この現実をどう解決していくかが今後の課題でしょうな。


さて、本日はウッチーの引退試合でもありました。

6年間。この先も一緒に野球できると思ってました。

4番バッターに育て、チームが強くなると思ってました

ようやく定着できてきた時にこの有様。

またチーム作りが始まります。なかなかできないものですね。

必要な方を失いました。

まさかです。悔いのない人生を生きてって欲しいと思います

バルボッサの猛打賞はよかったですね。

身体相当疲労感ありますね。足が動けてないですからね。

オフに入れますから休めますね。よかったよかった。


今年は「まさか」ばかりでした

残念な事ばかりでした。そうそう、「ダメなキャッチャー」とも叩かれました。

妨害行為もたくさん受けました。困った1年でした。

1年間ローテーションを守り抜いた五エ門には感謝です。


スタミナが課題だったこの2年間。今年は疲れを残さずうまく乗り切れたと感じました


ただグランプリでもうひと踏ん張りできなかったのが残念ですね。


あそこでもう少し頑張れたら最高の1年になったかもしれませんね。

フジシロックも良い結果を残せませんでしたね。残念でした。

まだまだ時間はかかるという事が判明したんでしょう。

納得するまで進めばいいと思いますよ。

コージィーも数字が残せなかったのは残念だな。状態はシーズン通して悪くなかったと思いますが結果に結びつけませんでしたね

我慢の1年でしたね。


スターがケガなく終われたのは大きかったな

だが、守備も打撃も悪いね。それでも数字は残せたからいいのかもな。


まあなんせ、言う事聞きませんからね。治りませんよね。治してほしいことも。困ったもんですよ。

ヒューガの離脱には反省しました。酷使が原因でしょうね。

来年からは少し休む時間を作るよう進めていきます

投げない分、打撃の成績が良くなった。

4割りには届かなかったのが残念ですな。

でも4割りなんてなかなか簡単にできるもんじゃないですからね。

いつか打てるといいですね。

バッター1本でやった方が幸せになれるのかもな。

本人の気持ちを大事にしていきます。



ヘッドコーチ1年目となったマツクニさんには助けられました

ベンチワークがとても安心できました。

いいもんですね。ベンチに人がいるって。


本当にありがとう。ありがとう。

みんな愛してます。


必要なメンバーとこの先も野球をしていきたいです。


というわけで

この悔しい思いを持って来年を迎えたいと思います

お疲れ様でした。また来年お逢いしましう。


2020



まだまだまだ野球心中。


9試合 5勝 3敗 1分



一髪組


OTIS



2020.9.14 UKCUP第2戦-優勝決定戦-

VS 一髪組


無事2年振りの優勝ができました。そして・・・・

この試合はスーパースターが誕生しました。


スーパースターに救われた試合となりました

入団11年目のエグーチさんが見事なリリーフを魅せました


3回1安打無失点に抑え完全に流れを呼び込みました。


一気に2020MVP候補になりました


そのくらい大きな大きな大仕事をやってのけました

この勝ちは大きいです



コロナ戦争で待ちに待たされようやく開幕。

その開幕戦がタイトルマッチ


過酷な状況での始まりとなった2020


そんな中でもよく勝利をもぎとりました


マツクニさんの離脱が決定。打線もまだまだ本調子には遠い

それでも勝ちました


昨年のUKCUPファイナル。悔しい想いをしました

「サードゴロ」で負けました


今年はそのサードゴロは完璧にさばけました。


エラーもほとんどなく、いい展開を作れました


先発のフジシロックは大変残念な結果となりました

これは長年の課題でもあったのですが、球数が多すぎです

この試合も2回で61球は軽く投げてます。多いですね。


大変残念です。


7年振りのリーグ復活した一髪組

久しぶりでした。7年前の惨敗より、今夜はいい試合はできたんじゃないですかね

7年前、我々は本当に酷い未来の見えない状態でした。


なんせピッチャーがいない・・・・。

7年後にはしっかりピッチングスタッフが存在する


我々もちゃんと成長したんですね。よかったです。

前に進みましょう。機は熟した。


まだまだ、みなさんはアクセル全開ではありません

残り9試合しか今年はありません


この9試合にどれだけ今年を出し切れるか。頑張ってほしいと思います。


昨年無冠で終わりすべてが最初から始まった気がします

見事タイトルを取れたことはうれしいです。

不滅の5連覇を背負ってこれからはやっていかなくてはりません

ひとつひとつ歩いていけばいいと思います


SDで胴上げ無のなんだか物足りない優勝になりました


皆さまおめでとうございます




IZBB


 9
OTIS X


10

2020.9.28 練習試合

VS イチゼンBBC


まあ、内容は決して悪くなかったのではないでしょうか。

打線はよくつながっていると思います


まだモーガンに快音が出てないのが気になるところですが、

心配はしてません。大丈夫でしょう。


ウッシーにも1本出た。大丈夫大丈夫


初登板となった五右衛門、ヒューガですがまあ順調でしょうな

ケガの具合も回復に向かっているヒューガ

久しぶりのマウンドの五右衛門


問題ないでしょう。


スーパースターがまさかの6失点でしたが、まあ調整段階ですから。大丈夫大丈夫


守りもエラーが出た後の位置取りやコミュニケーションがよくできていたと思います。


自分たちのスタイルの感覚を取り戻してきたと思います


いよいよ来週完全優勝を賭けたタイトルマッチです


必ず獲りたいと思います。




一髪組


11
OTIS


 2

2020.10.5 哲杯チャンピオンシップシリーズ優勝決定戦

VS 一髪組




大変残念な結果となりました。


流れを最後まで呼び込めませんでした


エラーからの失点止める事ができませんでした。

頭の整理ができてません。この敗戦はとても悔いが残ります





S&D

 2
OTIS

 4

2020.10.12 練習試合

VS S&D



グランプリに向けてまた準備をしていく予定になりました。


またしっかりとベストコンディションを目指して整えていきましょう


ようやくウッチーに一本がでました。よかったです


モーガンの状態が悪くなってきました。心配です

悪い状態のスイングになってきました。まだ一か月ありますから

大丈夫だとは思いますが、焦らないで進めてほしいと思います


スーパースターの2本の打球が試合を決めました


スーパースターは順調です。


試合の展開を作る。


自分たちの夜球をする。


この時間の作り方が自然になって気がします



その反面、何かの些細なきっかけで全く機能しないモロサも

浮彫になりました。

エラーからの簡単な失点とか。三振が全く取れないとか。


そういった部分を来年成長できればと課題が見えてきました。


昨年、底上げが少しはできましたから今年はその上がった部分を

グランドに表現し結果に伴う事がとても大事だと思ってます。


それぞれがそれぞれしかできない「秘技」をきちんとグランドに垂れ流してほしいと思います


まああとは五右衛門が乗って来れば完全体に近いでしょうな。


まだ一か月ありますから。ゆっくりいきましょう。ゆっくり。


いろいろ課題が浮き彫りになってきましたから練習の時間を多く作

るようですかね・・・・・・


練習か・・・・・・・・・・


きついな・・・・・。



WAMA
OTIS

2020.10.26 練習試合

VS ワナメーカーズ



なんだかいい試合になりました。


照明地獄に苦しみました。


打線がつながりません。まあモーガンの不調が大きいでしょうね


どこまであがってくるかで変わるでしょうね


五右衛門もヒューガも内容が悪いね。


ランナーでたら別人になる悪い癖。投げ込んでない証


辛いところですな。今年は試合数が少ない分、投げ込める時間を確保できない事が大きい支障と思いますね。


苦しい1年ですな


スーパースターの順調さが救いです。このまま行ってほしいですね


ウッチーがもう少しベースアップしてきてもいい時期なんだけどな。

やはり時間が少ないせいなんでしょうね。


そうは言っても全体的には順調な仕上がりだと思います


ケガなくベストコンディションで11月を迎えてほしいと思います


ケガNGです。



S&D


OTIS



2020.11.2 練習試合

VS S&D



グランドレベル不良の中なんとか試合できました。


五右衛門がようやくアクセル踏み始めましたね・・・。

闘える状態になってきました。いよいよですね。本領発揮の時が。

楽しみです。


さて、一か月ぶりの先発のフジシロックですが久しぶりという事もあり身構えてしまっちゃいましたね。残念です。


まあそれだけ納得できる結果を出したかったのでしょう

勝負なんてのは一瞬の出来事です。ですがその結果が人の人生や価値を左右する。


だからこそ、その一瞬を大事に大切に向き合う必要がある

だからこそ、失敗した場合の恐怖を考えてしまったりするのもまた人間です。


残念な結果でしたが、一歩ずつ歩いていけばいいのではないかと思います。


打線もモーガンにようやく「らしいあたり」が出てきました。

よかったです。


ヒューガとウッチーがいまいちの状態が続きますね。

素振りですよね。ただただ。振り込んでどうなるかですよね


スーパースターは万全な状態でタイトルマッチを迎えそうですね

素晴らしい。


さあいよいよ今年最後のタイトルマッチがやってきます


今年は残念ながらワンマッチ開催。一発勝負

負けたら終わり。


昨年より進化した力をグランドに出せれば良い結果は出てくると

私は信じてます。


マツクニさんが出れませんが、一生懸命悔いのないようやっていこうと思ってます。



一髪組

 8
OTIS

 4

2020.11.9 オーティスグランプリ

VS 一髪組



大変残念な結果となりました。


流れを最後まで呼び込めませんでした


まさかの事態が待ってました

・スーパースター1回ウラ負傷退場

・モーガン定刻から30分後入り

・ウッチー、コージィーコンディション不良


そもそも勝てるわけありませんよ。


五右衛門も頑張ったとは思いますが、昨年と同じミステイクで負けましたね。


昨年の失敗を活かされることはありませんでした。


結局「リキミ」から悪い内容を呼び込む。

悪い内容だから悪い結果にむすびつく。

人間は単純なんだからリキミさえなければ好転する。本来持っている実力を発揮できる。口では簡単に言えることですがね


「リキミ」程厄介な事はないですな。多くの人間がこのリキミで失敗してるんでしょうね。私も何度もリキミでミスショットをしたな



ただただ残念です。精神論語ってもどうしようもない。



むずかしい事や技術的なことを言えばキリがないですが、そもそもが体調管理できていないだけの事でしょうね。


試合前から勝負はついていたんでしょうね


元気な体を維持できない以上は勝負の場には上がれないですよ。

ケガをしないからだ作り。誰にでもできることだと私は思います


打線もつながらない。とにかく打てない。極貧


まあエラーが3つだったのが救いでしたね。

大変残念な結果での終戦でした。昨年の無冠から始まってUKCUPは優勝できましたから昨年よりかは一歩進めたんでしょうね。


7年前と同じ惨敗でした。



負けた負けた。それだけのこと




SAHA 12



15
OTIS  2



 6

2020.11.16 練習試合

VS サッタホールズ



大変残念な結果となりましたね。


試合の展開作りはうまくいっていたと思います

この試合は「欲」が裏目にでましたな


できもしないのにやってみる好奇心

自分にはできるというおごり心


自滅街道が3回と4回が見事な結果を生み出したな。

今年は投手陣が崩壊した1年になりました。失敗だらけでした

この失敗を活かすことことができる人間が強くなるんでしょうね


失敗することは悪い事ではないと思います

大事な事はその失敗を整理できているのか、その失敗をまた繰り返すのか。


自分の中の成功とはなんであるのか。成功をちゃんと目の前に出せすための失敗になっているのか。


オナニーではなく進化に必要なスパイスなのか


いつまでそんな事を続けるのかとおもいましたね。

そんな試合でした。


そんな2020なのかもしれません




OTIS

1130ers



2020.11.30 練習試合

VS 1130ers



今年最後の試合。大変残念な結果となりました。

まさかの予定していた対戦相手のドタキャン。


ただでさえ、今年不本意な毎日の中で迎えたシーズンラストゲーム


大変ショックでした。


なかなか気持ちの整理ができず書き込むこともできませんでした。


急遽決まった相手はその日に集まった精鋭たちのワンデーチーム


試合内容はまあこんなもんでしょうという中身でしたね


もう少しバットを振って、フルスイングの勝負をして欲しかったな〜と思いました。


球団としては今年も勝ち越しでの年越しが出来たことはうれしい限りです。


わずか9試合という活動期間でしたが、皆さん不完全燃焼のまま最後が来たというところでしょう。


メンバーはメンバーなりに頑張ったと思います。


気持ちの切り替えをできないまま淡々と3か月のシーズンを過ごし

もう最後となってしまいました。


だいたい10試合程度こなしてきて、本調子になってくる者がほとんどです。今年はいろんな意味で「崩された」「壊された」年になりました。


ですがいつかこの9試合の経験が活かされる未来がくることを願ってます。



自由を奪われても続ける事。


戦時中の環境を味わっている感じです。生ぬるい想像の世界ですが・・・。



自由がないということとてつもなく辛いことと改めて実感しました

またそれでもグランドに歯を食いしばって立つ勇気に幸せを感じました。


おそらく4〜5年ぐらいはこのような不自由の中での活動になることでしょう。


それでも相手チームやメンバーに勇気を送り続けていこうと思ってます。


辞める事始める事はたやすいことです。


続ける勇気。続ける苦しさ。


野球心中。


サヨナラ2020。


物足りない1年をアリガトウ。



くたばれCOVID19



来年は今年よりも多くグランドに立てる事が目標です